米びつは、隠すモノから、魅せるモノへ。職人の想いと共にお米を頂く幸せな時間

『日本最後のバケツ専門メーカーとして、日本のバケツ文化を守っていきたい』

 

渡辺金属工業という会社を知ったのは、東急ハンズで「OBAKETSU(オバケツ)」というバケツに出会った時でした。小学校の頃に使っていたレトロなバケツ。こんなバケツで雑巾を絞って、廊下の水拭きなんてしたら、とても贅沢な時間だろうなぁ…、そんなことを考えていました。

 

f:id:uchi-for:20200901115055j:plain

 

この渡辺金属工業株式会社は、兵庫県姫路市にある職人手作りの日本製トタンバケツの製造メーカーです。創業はなんと大正12年。現在も数名の職人でトタンバケツを手作りし、“一生もの”として評価の高いバケツを日本全国に届けてくれています。

 

obaketsu.com

 

「バケツ」

 

大人になった私たちには、久々に聞く単語ですよね。

 

100均に行けば、プラスチック製のバケツが100円で買えます。ホームセンターには海外製の安価なトタンバケツもあると思います。

けど、この渡辺金属工業の「OBAKETSU(オバケツ)」に惹かれるのは、どうしてでしょうか。それは、バケツの素材から針金、小さなネジまですべて日本製にこだわり、一切の妥協を許さない姿勢。気候の変化によって変わる素材の硬さや厚みを、製造工程の音や指の感覚で感じ取り、作り方を変えるという職人の技。何より、日本の伝統を守っていきたいという強い想いを、この“バケツ”から感じ取れるからだと思います。

 

f:id:uchi-for:20200901115939p:plain

 

f:id:uchi-for:20200903125559j:plain

 

そんな「OBAKETSU(オバケツ)」シリーズから、私の家で愛用しているのがこちら。

オバケツの米びつ缶『ライスストッカー』です。

f:id:uchi-for:20200903124717j:plain

価格:5,450円 税込み

容量:10kg

色:アイボリー

直径×高さ : 21.7 × 39 cm

重量 : 1.13 kg

 

10kgサイズのお米がピッタリ収まるスリムでシンプルな米びつで、スタイリッシュなデザインなので、どんなキッチンにもインテリアとして馴染みます。

 

item.rakuten.co.jp

 

ところで、バケツにお米?と驚かれた方もいるのではないでしょうか? 

そんなあなたに考えてほしいことがあります。お米の美味しさは何で決まるか知っていますか?生産方法?産地?いえ、実は保存状態で決まるんです。どんなに良いお米でも、その保存方法が悪ければ風味が当然落ちてしまいますよね。そんなお米にとって、光を通さず、温度・湿度を一定に保ちやすいトタンは、保管に最適な環境なのです。だからこそ、古くから、農家では大量のお米の保存にトタンが使われてきたそうです。

 

そんな、オバケツの米びつ缶『ライスストッカー』の容量もカラーバリエーションも豊富です。10kgだけではなく、5kgの小容量、30kgの大容量版。またカラーも、定番のシルバーから、私が持っているアイボリー、ブラウン、赤、緑と5色のバリエーション。キャスターの有り無しも選べます。

 

f:id:uchi-for:20200903125746j:plain

f:id:uchi-for:20200903125753j:plain

 

製造、検品、そして最後の水漏れ検査まで、我が子のように育て上げられたオバケツの米びつ。この想いがつまった米びつだからこそ、よりお米が美味しくなった気もします。

 

ぜひ一度、サイトを覗いてみてください。きっと「バケツ」の概念が変わりますよ。

 

item.rakuten.co.jp

 

ドウセカウナラ uchi

 

掲載画像:渡辺金属工業株式会社のHPより